• 訪問診療専門
  • 大垣駅徒歩5分

先輩看護師インタビューINTERVIEW-NURSE

  • Q. 当院で働こうと思った決め手やきっかけを教えて下さい

    Q. 当院で働こうと思った決め手やきっかけを教えて下さい

    もともと地域の訪問看護ステーションで管理者をしていました。雪田先生とは一緒に訪問看護で患者さんを診ていて、開院する際に看護師としての入職をお誘い頂いたのがきっかけです。

    お声がけ頂いて考えたのは、西濃地域で訪問診療(在宅医療)に携わっていく上で、この地域の医療資源として、以前の職場とどちらがお役に立てるのか、自分のモチベーションが高まるのかということでした。そう考えた時に、大垣在宅クリニックで働く人達の医療をもっと多くの人たちに知ってほしいと感じたのが決め手でしたね。

    これまで色々なドクターを見てきた中で、雪田先生は勤勉で、主治医としての最善を尽くされている方なので、そんな雪田先生に診てもらえる患者さんが一人でも増えて笑顔になって頂けたらいいなと思いました。また、若山事務長は、幅広い知識と各方面での調整でまさに訪問診療(在宅医療)のプロ。同時に入職した別の看護師さんと一緒に、このクリニックを支えていきたいと思ってここで働くことを決めました。

  • Q. 在宅専門のクリニックで働くのは初めてでしたか?働く前の不安などはありませんでしたか?

    クリニックでの勤務は初めてですが、もともと訪問看護として働いていたので流れや動き方はある程度、理解していました。ただ、病院勤務と訪問診療(在宅医療)は同じではないので、そこに戸惑いを感じる方もいらっしゃると思います。

    参考までに、在宅未経験で入職したスタッフに当時の不安材料を尋ねてみたのですが、やはり病棟との考え方の違いに不安を抱いていたようです。

    例えば、物品を忘れてしまったらどうするのか?とか、さまざまなご家庭の環境へ適応できるのかといった不安を感じていたそうです。

    この点については、チームで動くクリニックなので、先輩看護師や医師がサポートしながら経験を積んで頂けたらと思います。

  • Q. 当院で働く魅力や良いところを教えて下さい

    訪問診療(在宅医療)が難しい患者さんに対してお断りするのは簡単ですが、そうではなく「どうしたら家に帰って頂けるのか?」を全員一丸となって考えて、スピーディに対応しているところでしょうか。患者さんやご家族の「どうしても家に帰りたい、帰してあげたい」という想いに、みんなで応えようとして動く姿を見て、本当に在宅のプロと働いているんだと実感しましたね。

    Q. 当院で働く魅力や良いところを教えて下さい
  • Q. 当院の働きやすさは100点満点中、何点ですか?また、その理由を教えて下さい。

    90点です!

    その理由は、自分の発信の仕方しだいで、やりたいことが全部できると感じているからです。

    自己裁量の余地があるとでも言いましょうか。訪問診療(在宅医療)では患者さんの状態や状況に応じて臨機応変に変えていく必要があるので、あとの10点は工夫の余地があると思っています。

    逆に言うと、ルーティンで仕事が決まっていないと厳しい方には難しい職場環境かもしれません。完全な正解がない世界なのでマニュアル化できない事も多いのですが、これから入ってくる方たちに対しては、各職種で教育プログラムを準備しています。

  • Q. 職場の雰囲気はいかがですか?

    基本的に明るい人が多いので、色々なことが言いやすい環境です。

    朝夕のカンファレンスや月次の改善ミーティングなど、発言の場も用意されていますし、先輩看護師からも、なにか手伝えることはないか?と声掛けをしながらサポートしてくれる働きやすい環境だと思います。

  • Q. スタッフ間の連携はどう行っていますか?

    Q. スタッフ間の連携はどう行っていますか?

    たとえば一人で患者さん宅に伺った際に分からないことや不安な点があると思うんですが、そんな時でも気軽に電話やチャットツールなどでリアルタイムに相談ができるので、ひとりで抱え込むことがありません。医療的なことであれば医師に、看護的なことであれば経験豊富なスタッフが沢山いるのは安心できますね。

  • Q. クリニックの医師はどんな人たちですか?

    みなさん勤勉で真面目な方です。

    そして、なにより患者さんを思う気持ちがブレないので、患者さんのためにもベストを尽くすプロフェッショナルな方々です。

  • Q. ここで働くのに必要な心構えは何ですか?

    Q. ここで働くのに必要な心構えは何ですか?

    まず、人が好きであることは欠かせません。

    あとは、訪問診療(在宅医療)には決まった答えがないことも多いので、先入観は持たないことが大切ですね。

    時間外の電話対応はまず看護師が行っています。自宅待機ですが、いつ電話が鳴るかは分かりません。

    電話当番のときでも、気持ちまで拘束されずに過ごせる「心の余裕」も必要かもしれません。

  • Q. もっとこうなるといいな!という改善点はありますか?

    訪問診療(在宅医療)や訪問看護に関わる人が需要に対して少ないと感じています。

    大きなところでは、この西濃地域で訪問診療(在宅医療)に関わる人がもっと増えるといいなと思っています。当院で働いて頂けるのが一番良いのですが、そうでなくても地域全体として医療資源が増えるといいですね。

    当院の取り組みとしては、医療機器の説明会などを積極的におこなったり、在宅未経験でも不安なく仕事ができるように、院内の標準化を進めたりしています。

  • Q. 最後に、未来の後輩へのメッセージをお願いします。

    訪問診療(在宅医療)の仕事は、人として色々なことを学ばせてもらえる場所だと思います。

    答えがないことも多いので、悩んだり大変なことも多いのですが、一緒に成長し続けていけるというのはとても大事なことです。私たちがサポートしていきますので、一緒に成長できるように頑張りましょう!必ず、プラスになるはずです。